2017年1月15日 (日)

味噌講座始まりました

ココカラでは冬の間町内の皆さんと一緒に加工場でみその仕込みを行います。
自前で麹を仕込めるようになり3年目。
地元の素材でみそを仕込める豊かさを改めて感じるとともに手前みそ仲間の広がりも感じます。
今年の第1回目が昨日スタートしました。
昨日は苫小牧から親子の皆さんが来てくれました。
子供たちはみずほ館で雪遊び。
お母さんと小さい子供はその間にみそを仕込んでみんなで食べる昼食を作りました。
昨日はラーメンの希望だったので ココカラ味噌を使った味噌ラーメンにしました。
麺は恵庭のマルハ製麺の道産小麦使用の味噌ラーメン用のちょっと太いちじれ麺。
昨年絞めた鳥がらを使ってスープを取って みやもとのムーミントンでチャーシューを作ってのラーメンはおいしかったのですが 32人分のラーメンを一度に作るのは結構無理があっていつもの体育会系全開で何とかラーメンを食べたときにはぐったり
これからの味噌講座もラーメンを予定していましたが 果たしてこれを続けられるかとっても不安になり 昼食のメニューを再検討しようと思う。
 
今年もデンマークの研修生仲間で出している新聞が届いた。
確か親方が日本に来た様子をみんなに知らせようと新聞を作ったのが始まりで確かうちの子が2年生だったので20年続いていることになる。
これもメンバーみんなの思いがあるので続いている。
今年はメンバーの熊本の現状に心が痛むと同時に自分の想像力の欠如に恥じ入るばかりだ。
いまだ復旧もままならない地域、人、少しでも心を寄せたいと思う。
 
目に見えないことに鈍感な自分。忙しいからと言ってこういう目が曇るのは許せないな。
親方は去年90歳になった。
誕生会へは行けなかったが元気なうちに顔を見せに行きたい。
 
今年も半月が過ぎた。
今年は家族皆体調不良でのスタートで先が思いやられる。
健康じゃないとうちのような仕事の家は本当に困る。
まずは健康第一だ
連日の-15度の朝、顔が痛くて手が痛くて 今日は少し緩んだようだけどこたえる~
そんな中牛は元気だ。髭のつららがめんこい
さ、今日も頑張ろう(^O^)/
 

2017年1月10日 (火)

今年もよろしくお願いしますm(__)m

穏やかなお天気の中お正月が終わり日常がスタートしています。
今年のお正月は暖かくて雪も降らず本当に過ごしやすい日々でした。
家族はというと夫は年前にした去勢の時に牛に蹴られ太もも負傷。歩くのも大変そう。
次男、おできができて座るのも大変そう。
3男、休みが明けて2日に職場へ出勤したらノロウイルス蔓延。
すぐ感染して結局8日まで休み。出初式も出られず。
私はというか家族全員、31日に帰った4男に風邪をうつされいまだ本調子じゃない。
まあ、ノロウイルスを我が家に蔓延させなかったのは良かったな。
調子が悪くてのんびりはしたが やろうと思っていたココカラ事務仕事が全く手つかずで今日は朝から書類作りだ。
こうして書くと結構悲惨な年明けだな。
昨日は牛のお産があったが結局共済送りになり子牛は死んでいて親もダメなようだ。
これまた不幸。
 
8日は安平町の成人式で今年も餅つきの手伝いに行ってきた。
晴れ着に身を包み輝く若い人たちを見るのはほんとうれしい。
この学年はまだ一緒にサッカーをやっていた子たち。
知った子も多く親御さんたちとの再会もうれしい。
この若い子たちの前途が明るいこと願うばかりだ。
 
昨日は栗山町で農文協の甲斐さんという編集長と猪瀬さん(むらと原発 窪川原発計画をもみ消した四万十の人びとの筆者)のお話を聞く会でした。
結婚して出会った現代農業の別冊。(今は季刊地域)
一貫して地域に軸足をおいての本作りにいつも届くのが待ち遠しかったのを覚えている。
今はあまり真面目じゃない読者だがそれでも心躍る見出しを見つけるとわくわくする。
その本を作ってきたという方に出会えるなんて夢のようだ。
改めて素晴らしい仕事だと思った。
何もわからず農家に嫁いでわからないことだらけの私にどれだけ勇気と納得を教えてくれたか。思い出すと感慨深い。
今の自分ができた要素の一つであることは間違いない。
 
昨夜は栗山で畜産農家を再スタートさせた管野さんの話も聞いた。
なかなか話を聞く機会がなかったが 原発が無かったらささやかでも豊かな暮らしを続けられたその暮らしから切り離され、それは地域だけじゃなく 人の分断、先祖からの分断、一言では言えない深い溝の存在を知った。
そこには同時に暖かい輪もあって、それは管野さんが今までかかってここで築いてきた輪で、とっても暖かい空気に包まれていた。
たくさんの話を聞いたが相変わらず知らないことが多く 多くの気づきをいただくことができ感謝だ。
昨夜は良い出会いがたくさんあってこれからのココカラにも生かしていこうと思う。
お正月ボケで空っぽだった脳みそに一気に新鮮な酸素が注入された感じ。
昨日の牛をこれから獣医さんに診てもらう。なんとかなるといいな。
 

2016年12月29日 (木)

今年もあと2日

気が付くと今年もあと2日だ。
11月に大掃除はしたけど今はその面影はまったくない(T_T)
お肉の仕事がまだ終わらず切っている。
毎年多めにお肉は切っておくけどいつも足りない。
今年は1頭しか牛がなかったので やりくりが大変だった。
15日に牛が来て今夜切って明日配達したらうちには在庫ゼロになる。
2週間で1頭すっかり使った。
今年もたくさんの方にお肉を注文いただいた。
こんなに何もしないのに注文をいただき本当うちはお客様に支えられてると実感する。
26日に加工場の冷凍冷蔵庫を入れ替えた。
お肉を急速に冷凍したくて業者に見積もりをお願いしていた。
そしたら今使っている冷凍冷蔵庫が14年たっているのでそれと同時にいかがですか?と言われ金額を聞いて 今の販売額ではとても払えないという事で今回は冷凍冷蔵庫を契約した。
14年続けてこれたのもお客様に支えて頂いたおかげ。14年もたったんだと感慨深い。
BSEでお肉が売れないときに自分でお客様に説明しながら売ろうと始めたお肉や。
こうしてつぶれないで続けられてることに感謝だ。
 
連日朝晩もちをついている。
今日は29日だがうっかりついてしまった。
明日ついたらひとまずやめようと思う。
今年はあんこも作らず白の丸餅と豆餅のみだ。
31日に4男が帰るのでその時にいろいろ買い物しておせちを作ろうと思う。
明日から掃除頑張ろう
Dscf1479s
写真はアメリカにいるときによく見た表示
日本じゃないな
これは大学に行ったとき研究室の建物の入り口にあったもの。
アメリカに来たと実感した。
最終日は5時前に起床。長男が車で空港まで送ってくれるので5時半には家を出た。
8時には来いと空港のカウンターで言われたので早朝の出発となったが もっと遅くてもよさそうだったな。
飛行機に乗るとき セキュリティを通るのに靴まで脱ぐのに驚いた。
前の人を見てるとコート脱いで靴脱いで・・・
私も真似して脱いで前に進んだが 足を開いて万歳してモニターに映るのは驚いた。
驚いてばっかりだな(-_-;)
私は何かひっかかって 手をリトマス試験紙見たいので拭き取られたのと胸のあたりをすごく触られた。
隣の人はズボンのベルトとられてズボン下げられてた。
大丈夫な人はモニターにOKと出ていた。
テロの為なのかわからないがアメリカのこのシステムを通ってからの日本のセキュリティはこれで大丈夫か?と心配になった。
お土産をあんまり買ってなかったので空港でと思っていたがドルは長男に渡したし免税店は化粧品と時計しかなくてなにも買えなかった。
帰りは明るい空を飛び続けた。ロッキー山脈がとてもきれいだった。
 
アメリカでおもしろいな~って思ったことに入口が回転ドアが多いということ。
うまく入れないで一緒に入っちゃったり(狭い)なかなか苦労した。
暖かい空気が逃げないため?とか泥棒が逃げるのにスムーズにいかないからとか考えたけどほんとなんでだろう??
トランプのことも学生の子たちと話して話題になった。
日本ではどうですか?と聞かれ選挙の直後だったのでテレビやラジオで毎日報道してると言ったけど みんなトランプが当選すると思わなかったと口々に
大学構内はリスだらけ
エゾリスのようなリスがそこら中にいる。すごいかわいい
野良猫野良犬がいない。アメリカのシステムは野良猫野良犬が通報して回収されるそうだ。犬や猫をほしい人はそこからもらうシステムがあるそうだ。
ごみが落ちていなくてとても町がきれい。あちこちにゴミ箱があるせいなのか本当にゴミが落ちていない。
ごみのシステムはうちの子に聞いてもよくわかんないようで燃えるごみと燃えないゴミに分けるぐらいしかわからない。
街中のごみのこともっと知りたかった。
トイレのドアが下までないので足が見える。なかなか慣れることができなかったな。
カードの決済が1月にある。
それで旅行の決算が出るがどきどきだ。
だんだん円が安くなってるタイミングでの旅行だった。
今はもっと安くなっている。
アメリカは知らない人同士も挨拶するしとってもフレンドリー
ハグする習慣もいい。
1週間家を空け何が心配かって食べること。帰ってみるとしっかり作って食事してた様子。
私が帰って一気に食生活が貧しくなったと苦情。
じゃあ、毎日作ってほしい(これ言えばけんかになるので言いませんが)
粗食でメタボにならずいいじゃないと開き直ってみる(-_-;)
 

2016年12月25日 (日)

メリークリスマス

Dscf1504s
抜けるような青い空とはこんなそらのことを言うんだろうな~
どっさり降った雪が木に張り付いて木もすっかり雪化粧。
太陽の光が当たってまぶしい(^O^)/
 
昨日と今日で大方の荷物を送ったが札幌、小樽は道路状況が悪くて年内の配送は難しいそうだ。                        
こんなこと今まであったかな?
年内ってまだ1週間あると思うけど無理なんだ
大方の荷物を送ったといったけどまだ10件ほど送り残っている。
配達を含めると20件?
まだまだだ。
今日は送りの荷造りと仕込みでお肉の仕事終了。というかやめた。
少しは家のこともしなくては。
昨日の朝 ケーキを焼こうとしたらハンドミキサー死亡 
材料そろえたし何より食べたかったので 大きな泡だて器で卵白を泡立ててガトーショコラを焼いた。久々のガトーショコラおいしい(^O^)/
今日は友人たちからクリスマスプレゼントが届いた。
私は友達甲斐のない友人。いつもこの時期は忙しくて何もできない。いただくばかりだ
友人たちからのいろいろで元気もらった。
 
Dscf1482s_2
これはセントルイスの野球場。
カージナルズの球場だ。
正確にいうと球場隣のグッズショップだ。
シーズンじゃないので残念ながら野球を見ることはできない。
長男、さっそく買った革ジャン着てる
軽くていいのが買えた。
いよいよアメリカ最終日。
次の日は早朝出発なので実質土曜日が最後の日だった。
アメリカへきてなかなか温かい食事がとれなくて寂しかった。
頂いたターキーの骨でとったスープであり合わせの野菜を入れてスープを作った。
あ~おいしい!朝から暖かいスープを食べて元気出る。
同居人たちに日本人のもったいないを説明するがなかなか難しい。
頭のいいインド人の子が理解してくれ食べつくすと言ってくれそれそれとなった。
日本人は骨まで使うんだと珍しがられたがきっと国ではお母さんたちもやってるんじゃないかな~
11時からみんなでサッカーをするというのでシューズをもって大学へ。
学生や職員が使えるという立派な体育施設はプール、体育館、アスレチック、ホッケー場といろいろそろってる。
長男たちはいつもホッケーコートでサッカーをしているそうで壁を使ったパスが飛び出したりなかなか面白かった。
6人3チームで2点入れるか7分で交代というルールでやっていた。
4男も全然違和感なく混ざってサッカーをしてる。
ボール一つですぐ友達になれるサッカーってすごい。
昼食は私が牛肉を食べたいと言っているので町の評判のお店にお肉を食べに行く
人気店とあって行列もありという。
私たちは昼を過ぎていたのですぐ座れたが店の入り口に名前を書くボードがあった。
みんなはハンバーガーで私はブリスケステーキ(ステーキはそれしかなかった)
ハンバーガーの注文もソースの味、付け合わせ(この時は2つ選べる)飲み物とハンバーグの焼き具合といろいろ指示しなくてはならない。
面倒だけど 自分の一番おいしいように食べるためと考えるととても親切なシステムだ。
私のブリスケステーキは燻煙がかかっていておいしくいただいた。ステーキソースも付いてきたがそのままの味で食べても十分おいしかった。
ブリスケは私はバラの扱いで いつも切り落としにいていたが こうしてステーキで食べることに驚いた。何か特別に柔らかくする方法があるのかな?
ハンバーグは予想通りでかくてサイドメニューも大盛り。
みんな運動の後なので全部食べてたけど すごい量だ。
午後からはスーパーをあちこち回って夕食の買い物。
スーパーマーケットがたくさんある地区がある。
何を買うかで行くスーパーを使い分けているようだ。
夕食は私が作ることにした。10人ぐらいになるようだ。
とんかつにしてひれ肉を仕入れた。
ターキーの骨でとったスープで野菜スープ、家にある感謝祭の残り物とレタスで盛りだくさんサラダ、食べてみたかったTボーンステーキ、おにぎり、アイスクリーム。
それにスペイン人の子がスパニッシュオムレツ。本場のはふわふわでおいしい!アメリカ人ンお子がバナナマフィン、それと果物の差し入れとビール、ワイン。
賑やかに食事。
そしてボードゲーム。このゲームとっても頭使って面白い。10歳からというけど結構複雑。
20歳を超えるいい年の子が集まってこんなゲームで盛り上がれる。
日本じゃちょっと考えられないかも。
交渉あり、駆け引きありの性格が出て、とても仲良くなることができるゲームだと思う。
Image2s
夕食の時みんなでパチリ。
最後の夜おかげで楽しく過ごすことができた
後片付けはみんなでアッというま。
皿が足りないと言ったら皿持参で来てくれた。
こうした付き合いができる長男がうらやましくなった

2016年12月24日 (土)

またゆき~(@_@;)

昨日雪の中苫小牧配達終了(^O^)/
毎年変わらず注文をいただく皆さま、本当にありがたい。
今年はお肉が足りなくてどうなるかと思ったが何とかお届けすることができほっとした。
それにしてもこんなひどい雪の中の配達。
苫小牧は雪が無いイメージだがこの辺りと変わらない雪がしっかりあった。
おまけに中通りへ入ると全く除雪が入っていなくて車が止まるとそのまま埋まるんじゃないかと思うほどのところも。
恐ろしかった。
午前中は中学の餅つき準備へ。
今年受験生頑張れ餅つきをすることになったそうだ。
道具を貸し出したが 餅つき初心者ばかりと聞いて心配で出かけた。
餅つきが始まり何とかなりそうなので帰ってきたが、こんな風に子供たちの為大勢の大人が集まって何かをやるっていいな~って思う。
みんな受験頑張ってね。
 
Dscf1485s写真は感謝祭の次の日。
ブラックフライデーに出かけたセントルイス。
住んでいるシャンペーンという町から高速で3時間半南下。
ミシシッピー川が流れていてヘリコプターの遊覧飛行や遊覧船もたくさんあった。
このアーチは河畔にあって中が展望台になっていて大勢の人が登るため来ていた。
予約時間が5時半とかしかなくて 帰りが遅くなるので断念。
この日のメインはお買い物。
長男が目星をつけていたショッピングモールへまずは突入。
すごい車(@_@;)駐車場にたどり着くまでも大変だ。
1年に一度の大バーゲンとあって本当にすごい人だ。
人気店は入り口で入場制限している。
みんなそれぞれほしいもの手に入れた。
なんでもカードでお買い物なので支払いが怖い。
まあ、貧乏旅行なので知れてるけど(-_-;)
この日は感謝祭の残り物でお弁当作ってきた。
どこもすごい人でありがたかった。
バドワイザーの工場も寄ったな。
これまた工場見学のツアーが満員で見られず。
運転があるのでビールも我慢
ここも大勢の人が来ている。
Dscf1487sミシシッピー川をバックにパチリ
南に来たので寒さも優しい感じ。
緑の植物も元気な感じ。
アメリカでかいわ~
 
 
今日はお肉の仕事。送りの残りを何とかしよう
昨日は甥っ子が勤めるモスのチキンを買ってきた。
お肉の仕事でくたくたなので夕食はこれで
むね肉というのでどうかな~と思ったが なかなかおいしくいただいた。
久々にベットでゆっくり寝ることができた。
できればケーキも焼きたい。
ではいってみよ~(^O^)/
 

2016年12月21日 (水)

寒さが緩んでます

あのドカ雪以来雪は降っていない。そして暖かい
19日は札幌でまんまのネットワークの10周年記念フォーラムだった。
15665543_1145985125499585_553381956午前中小川先生の講演。
女性の活躍について具体的な事例を混ぜて話してくださった。
午後から写真のフォーラム。
自分は頭ぼけぼけで恥ずかしい限り
みんなの10年。ほんとみんな頑張った。
自分は?う~ん・・・
 
案内をしたところ60名ほどの方々がいらしてくださった。
自分はお祝い会も出る予定だったが寝不足からの体調不良で帰ってきた。 残念
18日はおいしい講習会@クリスマス料理だった。みんな手際よく時間内で完成。
子供が10人も親子で参加してくれとつても賑やかだった。
 
12月の講習会や行事はきびしいな~
お肉の仕事を頑張っているがなかなか進まない。
19日は札幌配達(終了)。23日は苫小牧配達。
頑張ろう!
Dscf1478s
 
写真は長男の研究室の入口の看板。
小さな部屋をアメリカ人の学生とシェアしている。
長男は大学院生という身分で給料をもらいながらアシスタントとして授業を受研究もしてるらしい。アメリカへ行って初めて分かったもろもろ。こうしてたくさんの外国人を受け入れているアメリカ。懐深いな~
 
州立大学の予算が削られて、多くの学生を抱えるため先生は企業と一緒に研究したりして資金をねん出しているそうだ。そこは先生の腕の見せ所でもあるらしい。
また学費がとても高い。300万とか(-_-;)
4万人も学生がいるとかいう大学のキャンパスの中はバスが走っていて学生が行きかうそうだ。当日は感謝祭で構内は見事に人がいない(@_@;)
みな家族のもとに帰ってしまったようだ。
この夜私たちも教授のお宅に招かれて国に帰れない学生や先生たちと一緒に感謝祭のお祝いをした。同室のベンは彼女の家でパーティ、インド人のアクシャイと彼女のベアは一緒に先生のパーティへ。
大きなターキーとたくさんのごちそう。この辺りから写真をさっぱりとっていない。残念
私は稲荷ずしを作って持参した。
教授はなんと日本語がぺらぺら。驚いた。
日本の音姫のことを(トイレの音がでるやつ)みんなに紹介してかなり受けていた。
そこにいらした日本の大学の先生とそういえばどうして日本人はトイレに情熱注ぐんだろう?とあれこれ考えたり。
いつも当たり前にあったウオッシュレットもアメリカではないし、旅行中恋しかった。
アメリカはこの感謝祭あたりからクリスマスの飾りがあちこちにされていてそれはきれい。
電飾できれいに飾られたおうちも多くて見ていて飽きない。
帰りに残ったごちそう全部持たされた。
先生が私たちが見ていないところに行ったら捨てていいと持たせてくれたが貧乏学生には大助かりだ。ありがたくいただいて帰る。
皆さんに親切にしていただいて感謝!

2016年12月11日 (日)

どっさり雪降りました

Dscf1465s
シカゴ3日目
3日目は雨が降ってて大変だった
写真は美術館へ行くときに通った公園にあるモニュメント
たくさんの人が写真を撮っていた
私たちもパチリ
3日目はお土産を買うお店を探しながら博物館まで歩いてしまった。
前夜夜景を見にタクシーで行った海岸
ちょうどシカゴの街並みが一望できる海岸で
高層ビルから見る夜景とまた違って これまたすごくきれいだった。
タクシーで行ったところまで歩いた。
あちこちお店を散策しながらだったので何とか博物館までたどり着いたけどほんとよく歩いた。
おまけに前夜ブルースを聞きにバーへ行って帰宅が1時とか。
すっかり生の迫力にやられてしまい2ステージ見てしまった。
音楽に国境ないわ。帰りには演奏者の皆さんとハグしまくり←ただの酔っ払い(-_-;)
博物館は入場料4000円(@_@;)
2人は学割使ったがそれでも1万円越え
これまた展示の規模が大きくてとても1日じゃ見れるもんじゃない。
シカゴの最終日で夕方の電車で長男のアパートへ移動。
時間通りに走らないというアバウトな電車を体験。
結局2時間半かかってシャンペーンという大学のある街に移動。
ルームメートが車で迎えに来てくれアパートへ。
これからインド人とスペイン人の長男のルームメートのところへ4男と2人で帰る日まで同居させてもらった。
ホテルでもいいのにと一応言ったがお金がもったいないという事で長男の部屋に3人で住んだ(-_-;)
合宿のような毎日。なかなか楽しかった。
着替えがない私は長男のサッカーシャツとパンツがパジャマ兼日常着
そんな恰好でうろうろする56歳(T_T)
日本のお母さんのイメージをみんなこうだと思われたら困る
夕食はスペイン人のベンジャミンが魚料理とサラダ、長男が牛肉とポテトをオーブンで焼いてごはんをたいてみんなで食事。
言葉は不自由だけど気分はすっかりみんなのお母さん。
帰る日までみんなは迷惑だったかもしれないが私はいろんな話ができてとっても楽しかった。
 
お肉の仕事が大変なことになっている。
お肉がない。
年末用のお肉の出荷が8日しか取れず加工が14日という。
という事は手元に来るのは15日。
それからしかお肉を切ることができず 予定していた配達日も遅らせてもらったりとやばい状況。
今あるお肉をやりくりして注文をさばいている。
今月後半が怒涛のお肉の仕事になることが確定したので今のうちにやれることをやっておこうと思う。
明日は友人たちと豆腐とパン作りと理事会そして山の神だ。
14日 畜産女子会@札幌
15日 農協女性部 お肉とってくる
18日 おいしい講習会@クリスマス
19日 まんまのネットワーク10周年記念会と札幌配達
23日 苫小牧配達
無事年末にたどり着くか心配すぎる
とにかく道路が雪ですごいことになっている。焦らず何事も着実にしなくては
まだ雪が降っている。
除雪からいってみよ~(^O^)/

2016年12月 7日 (水)

寒い(@_@;)そして雪

Dscf1456sアメリカ2日目
シカゴの街並みをバックにぱちり
シカゴのホテルは街中にあって歩いていろんなところへ行けた
ここはミシガン湖沿いの港で遊覧船がたくさん出ていた。
朝一でホールフーズというオーガニックのマーケットに。
見るもの見るもの新鮮で1日いても飽きない
しかし、連れがみんなすぐ飽きてしまいまた明日で直そうと退散。
もっとじっくり見たい
午後から美術館
有名どころが年代別に並んでいる
本物のオーラに圧倒されっぱなしだ。
日本のものも大切に展示されている。
こうして世界の人に愛でられる日本もの。
こうして日本に興味持ってもらい日本へ行ってみたいとなるのかな~など空想
明るくて開放的な美術館
キャンディーを部屋の隅に山積みにする作品があった。
そこに来た小さい男子二人連れのお母さん
ノーノーと怒ってる
見ると子供たち作品の飴食べてるし(-_-;)
目が合うとお互い笑ってしまった。
夜は肉を食べるレストラン。
アメリカへ行ったからには肉を食べまくりたいという希望があった。
普段あまり肉を食べる習慣はないが 牛を育てている身なのでアメリカのお肉の味を確かめたかった。
せっかくのおいしいお肉を変な味のソースで台無しにするのがもったいなかった。
注文はそのお店の人気料理ということでチョイスしたんだけど どれもおいしくいただいた。
子供たちとワインを飲みながらこういう日が来るとは人生わからないもんだ。
お店は平日なのに地元の人たちで大賑わいで感謝祭が近いのでお休みの人が多いからじゃないかという話。
観光客が多いのはもちろんだけどそういえば町も人がたくさんあふれている。
アメリカから帰ってきて1週間以上たった。
やっと体が戻ってきた感じ。4男は全然平気だそうで やつぱ年だから?
 
日曜日は漬物講座だった。
今年は三谷さんにニシン漬けを教えてもらった。
下ごしらえは三谷さんにお願いした。参加者からレシピだけじゃなくその所の説明もほしいという声があり来年は個々のところも工夫しようと思う。
2週間後が楽しみだ。
昨日から麹作りをしている。
明日で完成だが今シーズン2回目。おいしい糀ができますように。
 
18日の講習会の練習もしている。
今回のレシピ少し変えようと試作中。
またまたいろいろなことがぐわー!!と進んでいる。
完全について行っていないが 一つ一つ丁寧にを心に進もうと思う。
あ、もうこんな時間。いってみよ~(^O^)/

2016年12月 1日 (木)

12月(@_@;)

また写真はいらない なんで?
今日は雨で積もった雪がすっかり解けた
20センチは降って根雪になると思っていた。
本当に変な天気だな。
今年は早くから雪が降ってほんと農家泣かせだ
 
Dscf1439s_2写真は1日目の夜
シカゴのジョンハンコックセンターの96階だったかな?お天気が良くて夜景が本当にきれいだった。
展望台は高いので(料金)少し下のバーで見学
窓側を確保するのに少し並んだけど並ぶ価値ありだ
千歳から飛行機に乗るときにカウンターでトラブル。というか私が悪いんだけど 名前と苗字を逆に書いてチケットを買っていた。
カウンターでこのチケットでは乗れないかもと言われいろいろ電話している。
結局日本から立つときはこれで乗れますが帰りは買い替えなくてはならないかもと言われ出発。
エスタの申請も逆だったようでこれも自分の力で説明しろと言われのスタート。
本当に行けるのか心配になった。
だめだめのスタート。
一緒に行った4男もドキドキだ。
午後の出発だったので成田からはずっと暗い中を飛んで現地時間午後2時ころ到着。
飛行機の中でココカラ仕事。4男に手伝わせまだあるの~?と文句言われながらの旅
アメリカに着いて早速飛行機の確認をしたが全然問題ないと言われ拍子抜けした。よくあるようだ。
次があるなら気を付けよう。
アメリカ滞在中に一緒になった京都大学の先生も旅行社に頼んだにも関わらず同じ間違いがあったそうで焦ったそうだ。プロでもあるとは驚いた。
アメリカについての入管はよく聞くように不愛想な顔の係官が並んでいた。
次、と言われ2人で行き 目的、滞在期間など聞かれて 指紋と顔写真を撮る。
4男はここで天然力さく裂して 不愛想な係官さんを笑わせる。
ほんと彼の天然力すごい。一緒に旅行してて時々さく裂していたがかわらないな~という思いとこれでいいのか?と心配になった(-_-;)
空港について人のでかさに驚いた。みんなでかい(@_@;)
この後食事をあちこちでするんだけど出てくる量の多さに子のでかさも納得。女子に聞いたら食べられないので残すそうだ。それもまたもったいないな。
長男と再会。
列車でシカゴの町まで1時間移動。椅子が固くてお尻が痛い。
ホテルにチェックインして夜景を見てその後レストランで食事も。
レストランや外で食べるのは日本より高め。
カード社会でなんでもカード。カードでチップも払う。
アメリカのチップシステムなじまない。
そんなこんなで1日目終了。
ホテルが街中だったので歩いてどこでも行けるのが便利。
部屋にキッチンや洗濯機 乾燥機までついている。
着替えを2組しか持ってなかった私は早速洗濯したり助かった。
バタバタ出かけるとこうなるといういい例だ(T_T)
体が今一つ戻らなくて仕事はぼちぼちしてるが本調子には程遠い感じだ。
1年で一番忙しい12月を無事乗り切れるかとっても心配だ。
 

2016年11月30日 (水)

11月最終日(@_@;)

なぜか写真がアップできない
アメリカから帰ってきた。
行く前もぎりぎりまでばたついて忘れ物も多かった。
午後の飛行機だったので午前中はお肉を切っていた。
ほんと要領が悪い。
Image2s写真がアップできた。
長男のアパートで最終日長男のサッカー友達と夕食を一緒にした。
スペイン、エルサルバトル、ブラジル、アメリカ、ペルーと写真を撮ってる人はインド人。
多くの国の若者がこうして一緒にご飯を楽しく食べる。
いい友人に恵まれて長男はほんと幸せだと思った。
この日の昼にはサッカーを4男も一緒にした。
サッカーってボール一つですぐ友人になれる。
英語は不自由だが 食後みんなとボードゲームをして本当に楽しかった。
みんなクリスマス休暇前の研究が忙しい時期なのに私たちがいた間いろいろ付き合ってくれ本当に感謝だ。
アメリカからかえるときセキュリティを通るとき上着はもちろん靴まで脱ぐ。
入国の時は指紋と顔写真。テロ以来なのかな~
荷物は何も言われなかった。
次があるかわからないが今度は農家の人たちの話聞いてみたい。
行った地域はとにかく平らで車で走っても同じ畑の景色が延々と続く。
アメリカでかい!
ミシガン湖とミシシッピ川を見た。
少しずつ日記を書こうと思う。
さ、今日はどさんこプラザのお菓子作りだ
いってみよ~(^O^)/
それにしてもすごい雪だな

«

フォト
無料ブログはココログ